遺伝性もある?コレステロールが高い原因と健康との関係

高コレステロール血症や高脂血症は一般に生活習慣病と言われているように、個人の乱れた生活習慣や食生活などに起因すると考えられがちです。
確かに、一種の生活習慣病である以上、個人のライフスタイルの積み重ねが引き金になっている場合も少なくはありませんが、一方で遺伝子との関連性も指摘されており、先天的に高脂血症や動脈硬化、心筋梗塞などのリスクが高まる危険があるという報告もあります。

遺伝的な要因で起こる高コレステロール血症を医学的にはFHとよび、通常の生活習慣病以上に治療が難しくなると言われています。
両親や祖父母、親戚の誰かにこの遺伝的因子をもち、なおかつ若い頃に一度でも高脂血症や心筋梗塞などを発症した経験があるなら子どもや孫にその因子が受け継がれる確率が非常に高く、将来同様の疾患を発症するリスクが急激に高まります。

FHの特徴として、「若い頃から症状が悪化しやすい」という点があります。
生活習慣病としての高脂血症は40代、50代以降から徐々に発症のリスクが高まるとされていますが、FHでは男性では30代中盤から、女性の場合は20代のうちから心筋梗塞にかかるリスクが高まると言われており、なおかつたった一度の発作で死に至る危険性も決して低くはないところに恐ろしい特徴があります。

FHにかぎらず、心筋梗塞にかんするよくある誤解ですが、肥満であるから心筋梗塞になるリスクが高まるわけではありません。
確かに、肥満体型の人の場合、血管につねに強い負荷がかかるため若いうちから劣化が進みやすく、動脈硬化も慢性化しやすくなりますが、「肥満=生活習慣病」というわけではありません。

反対に、痩せ型だから心筋梗塞と無縁でいられるわけではなく、日常的に体を動かし、筋肉量も充分に確保されているはずのアスリートが心筋梗塞によって突然死を遂げてしまうという例も海外では報告されています。

この場合もFHが深く関連している可能性が高く、肥満か痩せ型かにかかわらず、家族の誰かから該当の遺伝子を受け継いでいる場合は因子を保有していない人よりも心筋梗塞の発症リスクが高まり、突然死の危険性も無視できないレベルになると言われています。

FHにかぎらず、体型よりも重要なのは「心臓にどれだけの負荷がかかっているか」ということであり、乱れた食生活だけでなく、過度な運動などによって心臓に負担をかけつづけることで突然死のリスクを跳ね上げてしまう可能性があります。コレステロールを下げる食生活を心がけましょう。

誰でもお金を借りることができる金融業者一覧

誰でもお金を借りることができる金融業者一覧というのは、どのような金融業者のことになるのでしょうか。通常は、銀行カードローンなり、消費者金融業者などの場合には、申込み条件があり、例えば、20歳以上70歳未満とかの年齢制限や、安定した収入のある方などという一定の制限が設けられています。つまり、これらの申し込み制限に合わなければ、申し込みを受け付けてもらえなくなります。自身に収入のない専業主婦の場合など、一部の銀行カードローン以外には申し込みを受け付けていないケースがほとんどです。
また、申込条件に合っていても、誰でもお金を借りることができるわけではありません。一定の審査がありますので、この審査に通る必要があります。この審査では、申込内容に間違いなどがないか、他社での利用はいくらあるのか、個人信用情報に事故記録はないかなどが調べられます。この審査で問題がない場合に契約することができるのです。大手の消費者金融会社が公表している数字では、申込んだものの、審査を通過できるのは40%前後の人となっており、60%前後の人の場合には審査落ちしているということになっています。つまり、誰でもお金を借りることができるというにはほど遠い数字があるわけです。
それでは、誰でもお金を借りることができる金融業者一覧とは、どのようなものかといえば、考えられるのは、闇金の一覧ということになります。闇金なら、審査もありませんし、ブラックでも破産者でも誰にでも融資しますので、誰でもお金を借りることができます。もちろん、非合法組織で犯罪集団である可能性も高いですから、人生を台無しにするのが嫌なら決して利用してはいけない一覧となります。
お金を借りる方法のすべて|お金を借りたい時に確認すべき11の項目はこちら